本気の合唱はじめませんか?

<ハイマート合唱団とは?>
ハイマート(Heimat)とはドイツ語で「ふるさと」を意味します。その名が示すとおり和やかな雰囲気で、団員たちの「ふるさと」とも言える団です。
現在、京大生(院生を含む)を中心に約70名が在籍し、毎年6月or7月と12月に開催する演奏会を中心としながら団員の自由な発想によるア・カペラのステージや一般演奏会の助演など、幅広く活動しています。



<ハイマートの音楽>
ハイマートでは幅広い演奏曲目を扱っています。ピアノ伴奏曲・アカペラ(伴奏のつかない)曲、邦人曲・外国曲、日本語・ラテン語・ドイツ語・英語等の多岐にわたり、現代曲からクラッシックまで非常に幅広い選曲のレパートリーが魅力です。
特に12月の定期演奏会の最終ステージでは、ミサやレクイエムといった大学合唱団ではあまり歌われないクラシックの大曲をしばしば歌っています。
合唱に対する情熱はどこの合唱団にも負けません!! 私たちは毎日限られた時間の中でよりよい演奏をするために練習に励んでいます。



<指揮者メッセージ>
 皆さんは、「合唱」に対してどのようなイメージを持っていますか?音楽の先生からやたら大声で「もっと声出して!」と怒られたり、中学の学校の合唱コンクールでもめた…等々、苦い思い出がある人も多いことと思います。私も実際高校で合唱を始めるまでは合唱が特別好きというわけでもありませんでしたし、良いイメージもあまりありませんでした。ところがどっこい、いざ本格的にやってみると…なんだこれは、楽しすぎる!(笑)
 ピタッと声がそろった時、和音が決まった時の快感は何とも言えないものです。 私はハイマートが大好きです。笑いが欠くことのない練習、歌っているときの団員の真剣な表情、練習以外でも深くつながりあって、私にとって本当にたいせつな場、仲間です。音楽や仲間に対する愛溢れる人たちの集まり、それがハイマートだと感じます。団員一人一人の音楽に対する熱意が他人を感化させ、そして団全体として成長していく。この循環の中に入れることをとても誇りに思っています。皆さんも、ハイマートで素敵な大学サークル生活を送りませんか?
(2019年度指揮者 竹邊 日和)

 みなさんこんにちは!新入生の方はご入学おめでとうございます!僕はこの団で学生指揮者を務めている守山兼多といいます。
 突然ですが、あなたの声はどんな声ですか? 高い声、低い声、明るい声、深みのある声、よく通る声、柔らかい声……一人一人が違う声を持っていることこそが合唱の魅力です。たくさんのOnlyOneの声があつまって、溶け合って、重なり合って、美しいハーモニーが生まれるのです。あなただけのもつ体、あなただけの持つ声を使って、私たちと一緒に歌いませんか?
 この団にはたくさんの個性豊かな人がいます。バリバリの経験者もいれば、初心者からはじめてすっかり合唱の魅力に取りつかれてしまった人、昔の合唱曲が好きな人、現代の合唱曲が好きな人、歌ってないと死ぬんじゃないかというくらいずっと歌ってる人など、愉快な仲間たちがたくさんです。団員一同、新しい仲間と共に歌えることを楽しみにお待ちしています!
(2019年度指揮者 守山 兼多)



<沿革>
1961年、京都大学音楽研究会の合唱部門として設立。
1965年、伊吹新一先生を定期演奏会の客演指揮者にお呼びする。
1982年、伊吹新一先生が常任指揮者に就任される。
2005年、伊吹新一先生が常任指揮者を勇退される。
2011年、団の創立50周年記念演奏会を開催し、OBOG合同ステージを実施。
2013年、日本において、スウェーデンのウプサラ大学のオーケストラ、アカデミスカカペレットとのジョイントコンサートを開催。
2014年、上述のジョイント企画の一環として、スウェーデンへ渡航。アカデミスカカペレットや現地の合唱団とのジョイントコンサートを開催。
2015年、本山秀毅先生が常任指揮者に就任される。